スマホの通信量

スマホの通信量を節約するには?

スマートフォンを利用する中では、料金よりもむしろ気になるのはデータ通信量についてです。

スマホはアプリを利用したりインターネットを閲覧する中でデータを送受信するのですが、最近ではパソコンではなくスマホを多く利用するため、携帯キャリアで設定されている通信量の上限に達することがあるのです。

この上限を超えた場合に料金を割増されることはないのですが、その一方で通信速度には一定の制限が加えられる事になり、同月末までの間は通信速度が128kbpsにまで低下する事になるのです。

そのためスマホを使用する上ではデータの送受信をいかに抑えるかが非常に重要で、通信量を節約する方法については様々紹介されています。

まず節約の方法としてもっとも重要なのはバックグラウンドで稼動して通信しているアプリを止めることです。

一般的にアプリは起動させなければ動いてないと思われていますが、表面的に動きは無くてもバックグラウンドではデータ通信を行なっているのです。

インストールしたアプリの数が少なく使用するごとに停止させていれば問題はありませんが、数が増えて停止しないままでいるとデータ通信が過大になることもありますので、ホームボタン長押しもしくは2回押して稼働中のアプリを停止しましょう。

続いてデータ通信の節約ではWi-Fiを利用することも非常に有効な方法です。

自宅の固定回線で無線LANを設置していたりまた外出先のサービス施設などにWi-Fiスポットがあった場合には、携帯会社の回線ではなくWi-Fiに切り変えることで、データ量のカウントから逃れることができます。

また携帯キャリアではWi-Fiスポットの設置も推し進めていますので、店舗以外に駅などの公共施設でも利用できます。

またそれ以外にはスマホ自体を格安スマホや格安SIMに乗り換えることも一つの手です。

格安会社であればデータに制限が無いプランがありますし、料金も携帯キャリアより大幅に減らすことができますので、データ量と費用の双方で大きなメリットがあります。

格安スマホ比較ランキングへ